集客に効果的なのぼりにおすすめのデザイン

のぼり(旗)を作る際に考えなくていはいけないのが「デザイン」についてです。

宣伝したい情報はたくさんありますが、まず考えるべきポイントは「誰に」「何を」「知らせたいのか」です。

ターゲットを明確にすることによって、見た人に響きやすいのぼりにすることができます。

■大きくわかりやすい文字にする。

のぼり旗は宣伝の役割がありますが、その中でも遠くの通行人やドライバーにも認識しやすい大きな文字にする事が大切になります。

■伝えたいメッセージは1つに絞る

のぼり旗の大きさは一般的に〇〇cmです。

そのため、情報が3つ以上もあるとユーザーが一瞬で認識できる情報でなくなります。

また、情報が多すぎると文字が小さくなるので、本当に伝えたいメッセージに絞るのがおすすめです。

例えば、「焼き立て パン」や「タイムセール」「営業中」といったシンプルで瞬時に判断できるキャッチフレーズが効果的です。

■目につきやすい効果的な色を使う

皆さんは街にあるのぼりの色の印象を何色か思い出すことはできますか。

多くの店において「営業中」や「セール」を謳うタイプののぼりは背景に「赤」が使われる事が多いです。

赤には視覚的に注意を惹きやすい色であるため、遠くのお客様に対しても認識してもらい易くなります。

しかし、色や雰囲気は店のタイプによっても変える必要があります。

例えばパステル系の色が似合うお店には赤ではなく、静かな雰囲気の色にするなどが必要になります。

のぼりのデザインは看板と同様に大きな認識効果があるので、ご自身の店舗に合った雰囲気を考えてデザインを考えるのが良いでしょう。

コメントは受け付けていません。